即日融資なら安心の大手キャッシング

MENU

即日融資が優先ならば選ぶべきは消費者金融系

即日融資してもらいたいと希望するのであれば、気になるのが「いつまでに融資の可否が分かるのか」ということ。

 

最近ではカードローン会社の多くが速やかな審査を目指しているので、審査解答が早い場合だと30分程度で済むことがあります。しかし、銀行系カードローンの場合は審査基準が細かいので、審査に時間が掛かってしまうという意見があります。

 

銀行系は「低金利」という好条件を売りにしているので、消費者金融より審査の基準が厳しくなってしまう弊害です。その一方、消費者金融のカードローンだとスピード審査ですぐに結果が分かるので、即お金が必要な場合に非常に向いているという異なる特徴があります。

 

100万円、200万円というような借入金額が大きいケースでは、金利の高さは必ず確認しておくべき内容です。
元金が高額であればあるほど、金利差が数パーセントあるだけで利息として負担する金額が大きな差となるからです。

 

ところが、10万円単位の融資の場合や即日での借入が優先の場合には、金利が銀行系と比べると若干高いものの審査速度が優れている消費者金融が最良の選択となります。

 

借り入れ申し込み時の理由や借入金額などを考え、銀行系か消費者金融系かを選択しましょう。

 

現金の受け取り方は2種類から選べる

お金の受け取り方は「銀行口座への振込み」と「無人契約機(ATM)」から受け取る2通りの選択肢があります。

 

銀行での振り込みを利用するケースでは、ネット銀行の口座なら時間帯を気にすることなくすぐ入金が完了しますが、通常の銀行口座の場合は振込された時間帯によって引き出せるタイミングが変わります。

 

振込タイミングが夕方になると、口座にお金が振り込まれるのは次の営業日という結果になります。

 

したがって、午後3時を過ぎた申し込みでも当日中にお金が欲しいなら、街中にある無人機を活用しましょう。スマホなどで申し込んで無人契約機で所定の手続きをすれば、その場でカードが発行されるのでお金を貸してくれます。

 

借り入れが50万円以下なら収入証明書の提出は不要であることが大半なので、気楽に借り入れができます。

 

このやり方を覚えておけば、出張中や旅行中など現金でしかピンチを切り抜けられないとき、銀行振り込みの締め切りを過ぎていても借り入れが可能です。

 

ネット申し込みを済ませたのち、無人機から発行されるカードをもらうのが最も早く現金を手にできます。

 

消費者金融でも規模の大きいところだと、店舗が閉まっている時間帯でも自動契約機で借り入れできます。仕事が終わった時間でもお金をその日に融資してほしいのであれば、WEB申し込み→無人機へ行ってくださいね。

 

即日融資の壁となる審査のあらまし

即日融資をして貰うのに、誰でも通過する必要があるハードルと言えば金融会社の審査です。

 

申込者に返済できる経済力を持っているかを見極める事が審査の目的です。キャッシングを申し込んでも審査に合格しないと融資は下りませんので、ものすごく重要な障壁といえます。

 

そこで、ここからは企業秘密ともいえる審査について簡単に紐解いていきます。重宝するはずですので参考にして下さい。

 

審査の内容を暴露!

キャッシングの審査はほとんどの場合、スコアリング方式という基準を用いて申込者の信用力(返済力)を判断します。

 

このスコアリングを簡単に解説すると、申込者の属性情報(職業・雇用形態・収入・年齢・居住環境)などをスコアとして表現するもので、その結果をこれまでの顧客情報データベースと照らし合わせ、本当に融資しても問題なさそうな人かを短時間で評価を下せるシステムです。

 

こうしたスコアリング方法の採用のお陰で、早いと30分後には結果が出るスピード感とスタッフによる裁量融資が無くなり、困ったときにすぐにお金を借りられるようになりました。

 

こうしたスコアリングを通過した後は、他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

JICCやCICという信用情報機関のデータを閲覧して、他社からの借入件数と借入金額、そして今までのローン契約における返済トラブルの有無をチェックします。

 

また、これには総量規制の対象となっている人物か否かを調べるという目的もあります。

 

総量規制とは?
自分の年収の3分の1以上の金額は借りられないという法律で、自転車操業的に返済する為の借入を抑止するのがこの法律の目指すところです。

 

しかし、この総量規制の対象となるのは貸金業法の管轄となる消費者金融や信販会社からの借入です。
貸金業法とは関係のないカーローンや住宅ローン、クレジットカードのショッピング利用額は対象外として無視されます。あくまで貸金業法の中の法律なので、銀行法管轄下の銀行からの各種ローンは除外されます。

 

こうした審査に通過すると最終段階として「在籍確認」が行われます。この在籍確認とは、本当に申請した企業に在籍しているかを実際に電話をかけて「在籍」を「確認」するものです。

 

アコムやプロミスという企業名ではなく、必ず個人名で電話が掛かってくるのでキャッシングの利用がばれるような危険はありません。

 

この際、外出して席を外していたとしても「在籍事実を確認する」のが目的なのでそれでクリアです。こうした各審査ポイントを通過すれば融資を受けることができます。

 

まれに金融会社によって微妙に違うこともありますが、ほとんどがこのように審査は進んでいきます。こうしたことを覚えておけば金欠時の助けとなりますよ。